スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特集】地元を訪れる~Part2 沼津港

今日は特にネタがないので例の特集の更新です。

本日のゲストは・・・射命丸文さんです。

文:皆さん、こんにちは。清く正しい射命丸文です。今日は御殿場線さんと沼津市は沼津港に来ています。
御殿場線:どうも御殿場線です。今日は天候にも恵まれ、海風がさわやかでいいですね。
それではどんどん取材していきますよ~!
私も今日は助手としてどんどん案内していきますよ~。

PC062296.png

これが海ですか。とても広いですね。
そういえば幻想郷には海がなかったんだっけ。ということは海を見るのも初めてということですね。
はい。幻想郷の方に海を知ってもらうために取材しますよ~(パシャパシャ

PC062293.png

御殿場線さん、あの建物は何ですか?
あれね、あれはびゅうお。
びゅうお?
びゅうおとはこの建物の名前で、この建物は大きな水門みたいなもの。
この辺りはひとたび地震が来ると、津波が起こって街が水没してしまう。それを食い止めるためにあるのがこのびゅうお。
そうなんですか。そういえば最近、幻想郷でも噂で現代で大津波があったと聞いていますが。
そう。今年の3月、東北地方というところで大きな地震があって、その地震の津波で壊滅的な被害が起こった。
噂は本当だったのですね。私からも東北地方の皆様に心からお見舞い申し上げます。

PC062292.png

あの正面に見える山は何ですか?
あれは富士山。ここ静岡県が誇る日本一の山。
幻想郷にある妖怪の山とどちらが高いのでしょうか。
(確か妖怪の山は富士山より大きかった頃の八ヶ岳だから・・・)妖怪の山の方が高いと思いますよ。
でも富士山の方が綺麗ですね。現代の方は毎日この山を拝めるのですね。少し羨ましいです。

港は早朝に行くと、獲れた魚を売買するせりをやっていたりするけど、今日はもう終わってしまっているみたいだね。
それは残念です。またいつか見たいものですね。

それでは、帰るとしますか。
そうですね。

幻想郷行き

ちょうど幻想郷行きが停車していますね。
車掌:「この列車は、普通列車の幻想郷行きです。大岡、下土狩、長泉なめりの順に停車し、長泉なめりから幻想郷に向かいます。この列車は3両の編成です。お手洗いの設備は......」

なめりにも停まるのなら私も乗るか。


その後、御殿場線(私)は長泉なめりで降りるか幻想入りするかの選択を迫られることになった・・・。

それでは。

取材日時
2008/12/6
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

御殿場線(駅長P)

Author:御殿場線(駅長P)
ブログの略称は「ステマス」など適当にどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。